最新情報

知っておきたい!靴のマメ知識:靴のお手入れ「革靴編」

2015.4.13

答えてくれた人 野本 将貴
お気に入りの靴を手に入れたら、長く履いていただきたいもの。
そのために、購入後、まず、防水スプレーをかけることをおすすめします。
革靴には、水分や油分は大敵。防水スプレーで汚れから保護しましょう。
ブラッシング
クリーナー
クリーナー 商品
1.まず、靴の汚れを落とします。
縫い目やコバにはドロがついていることも。
細かい部分も念入りにブラッシングしましょう。
2.次に、クリーナーで拭き取りましょう。
やわらなか布にクリーナーをとり、全体に薄く伸ばすように塗り、
布のキレイな面で拭き取りましょう。
3. 靴と同系色のクリームを薄く伸ばしながら塗りましょう。
同じ色がなければ、靴よりも薄めの色を選ぶとムラになりにくく、上手に塗れます。
4. 全体にクリームを塗ったら、キレイな布で磨きましょう。
5. 最後はブラシで丁寧にブラッシングして、出来上がり。
靴にも休息を
お手入れの後や、靴を履いた後は、シューキーパーを入れて靴を休ませましょう。木製のシューキーパーは、汗などの湿気を吸収し、型崩れを防いでくれるので靴が長持ちします。
雨の日のお手入れ
雨で濡れた靴は、まず雨や汚れを拭き取り、新聞紙等を靴の中に入れて、水分を取りましょう。そして風通しのいい日陰で乾かしましょう。直射日光に当てると革が傷むので避けましょう。
※乾いたら、普段どおりのお手入れを。靴は磨くことで何倍も長持ちします。

靴・バッグのお手入れ・修理

採用サイト

ページトップ